ロボットが人間の仕事を奪う、とはよく言われますが、カジノ界にもその動きがうかがえます。

日本には正式なカジノはありませんが、海外では、ディーラーの役割を務めるロボットの開発が進んでいます。

香港の企業が開発した、若い女性の外見を模したヒューマノイドロボットディーラー「ミン」は、人間の代わりにカードを配るようプログラムされています。世界初のカジノに導入されるロボットとして注目が集まっています。

カジノ業界で市場を広げている[Wunderino オンライン ゲーム]などのオンラインカジノでは、ゲームはすべてコンピューター管理されており、ユーザーは確かな安全性のもとプレイすることができます。

今後技術の発達で、オンラインカジノにも人工知能が採用され、より個人に密着した、または便利なカジノ体験を提供するようになるかもしれません。