ETCの仕組みは、自動車のETC車載器にETCカードを挿入し、料金所のアンテナと交信することで、道路料金を自動的に支払うというものです。基本的に後払い精算となります。

ETC導入のために必要なものは2つです。1つはETC車載器、もう1つは車載器に挿入するETCカード本体です。

ETCカードには、個人識別情報や支払い金額についてのデータがインプットされています。ETC搭載車両がゲートを通過する時、料金所のアンテナとカードの間で、料金の決済に必要な情報のやりとりが行われ、情報が記録されます。

この情報に問題がないと判断されると、ゲートのバーが開くようになっています。多数の情報が通信されますが、通信時間は一瞬です。ドライバーは待つことなく、また料金所も無人で対応できるため、渋滞の緩和につながっています。