ETC車載器には、大きくわけて3つのタイプがあります。その3種類をこちらでは紹介していきます。

2ピースタイプ

アンテナと本体が一体化している車載器です。取り付けが楽で、カードの出し入れがしやすいことがメリットですが、通信をするためにダッシュボードの上など目立つ場所に置かなければならず、普及度はあまり高くありません。

3ピースタイプ

アンテナと本体が分かれているもので、現在の主流になっているタイプです。

パナソニックとデンソーの2社で市場の6割以上のシェアを占めています。

ビルトインタイプ

自動車本体と車載器とが一体化したもので、ディーラーオプションの純正品として提供されています。

車内をスッキリとしたレイアウトに見せることができ、また長期の保証がついているメリットがあるので、車を購入する際に検討してみるといいでしょう。